hubletの3つのすぐれた特徴

フィンランド発のhubletのシェアリング・タグレット端末には、いくつかの特徴がありますが、その中で特にすぐれた3つのポイントがあります。

それは、

誰でも使える

使った後のデータはクリア

抗菌仕様

といった点です。


「誰でも使える」

難しい設定は必要ありません。

使いたい時に、シェアリング・タブレット端末が収納されている『ドッキングステーション』にて、貸出をすれば、すぐに利用可能です。

使えるwifiネットワークやアプリ、使用時間などのルール設定は、管理者が『hublet Manager』でお使いのPCから設定することが出来ます。

利用者は、利用に関しては、『ドッキングステーション』にて、貸出と返却をするだけで済みます。


「データセキュリティ」の面もシッカリ!!

次に気になるのが「データセキュリティ」の問題。

シェアリング・サービスの代表的なものとして、『カーシェア』があります。インターネットや専用アプリで予約を取り、自分が使いたい時に使うレンタカー。「自分でモノを所有する時代から、必要な時に借りて使う!」っといった価値観から、最近は利用されている方が増えています。

しかしながら、カーシェアを利用した時に、車に搭載されているカーナビで目的地を検索をした際、入力履歴機能(検索のために入力した場所の履歴)が働いて、自分が使っていた前の人が検索した場所、目的地が、自動で表示されたという経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。前に使った人が特定されることはないですが、「前の人はこんな検索をしたんだ」「前に使っていた人は、こんな遠くまで行ったんだ」などといったことが赤裸々になっていしまいます。これは、使った端末の情報がクリアー(情報削除)がされていないから発生しているからです。


しかしながら、hubletのタブレット端末は、そんなことはありません。

利用者が端末を返却するごとに、使った後のデータが自動的にクリアされます。

シェアリング・タブレット端末をステーションに戻したり、ログアウトした際に、前の利用者の情報(利用者情のみならず、利用履歴など)は端末から消える設定になっています。

つまり、次の人が使う時には、前の人が使った痕跡は残っていない状態となっています。

安心して使える「シェアリング・タブレット端末」です。


「抗菌仕様」で衛生的

限られた場所で、会議られた利用者で共有するシェアリングサービスとはいえ、生活習慣や価値観が異なる人が一緒に1つのタブレット端末を使うとなると、そこには気になる点も出てきます。その一つが衛生面。

特に、新型コロナウイルス感染後は、人々の衛生面に関する意識が高くなってきています。

使用者がタブレット端末を使う際、自身の指の清潔を保っていても、タブレット端末の画面そのものが汚れていたり、そこに感染症のウイルスが存在すれば、利用者は衛生面で気権威さらされてしまいます。

hubletのシェアリング・タブレット端末は、端末が収納されている『ドッキングステーション』に戻した際に、そこでデータクリア(使っていた端末の使用履歴などの消去)と充電が行われるだけでなく、自己消毒・抗菌も行われます。

これは、ドッキングステーションに搭載されている自己消毒型の光触媒コーティングが、光とともに、ウイルス、バクテリア、カビの胞子、その他の揮発性有機化合物を不活性化します。

光触媒コーティングは、さまざまな接触面に長期的な抗菌保護を提供し、環境に無害です。


このようにhublet社のシェアリング・タブレット端末は、利用する人が【簡単】に、【安心】して使える工夫がなされています。

自由が丘パブリックリレーションズの公式サイトです。